レーザー脱毛とはなにか

レーザー脱毛とは黒茶のカラーに反応する波長のレーザーを皮膚に照射し、毛や毛根とその周辺にダメージを与え脱毛することを指します。

毛根に効果的な方法となるため、毛のライフサイクルを長くすることができ、繰り返し照射することで永久的に脱毛させることが可能となっています。

照射回数や適切な期間については個人差がありますが、一般的には約3回から6回ほどの照射で大きな実感を得ることができるとされています。

以前に主流となっていた針脱毛と比べ、圧倒的に痛みが少なく治療を受けやすい方法として一般化されました。

エステサロンによる施術について

現在はエステサロンなどによる、医療レーザーによる脱毛の施術が主流となっています。

永久脱毛に至るまでの回数が、お得なセットメニューとして提供されるようにもなり、レーザー脱毛が広く普及されました。

専門のスタッフによる施術は信頼が厚く、施術後のスキンケアも充実しているため、提供しているサロンも多く利用者も増加しています。

脇や足などの部分脱毛や全身脱毛などのメニューが多く存在し、昨今では男性用の脱毛サロンなども増加傾向にあります。

自宅でできるレーザー脱毛

普及に伴い需要が高まったことで、自宅で手軽にレーザー脱毛ができる機器の販売も増えました。

小型化したレーザー機器による脱毛のため、一度にレーザーを照射できる範囲が狭く、エステサロンなどよりも時間がかかってしまうといったデメリットはありますが、代わりに非常に手軽な料金でレーザー脱毛ができるというメリットがあります。

またデリケートゾーンなどの、人にはあまり見せたくない場所も自分で処置ができるため、エステサロンよりも家庭用レーザーを愛用しているという人も少なくありません。

医療レーザー脱毛は、わきやビキニラインなどの太くて濃い毛の脱毛に特に威力を発揮します。それはレーザーが黒色を感知して、照射するためです。