血液クレンジングとはなにか

血液クレンジングとは体内の血液を100〜200cc脱血し、それにオゾンガスを混合してオゾン化した血液を体の中に戻す治療法で、オゾン療法とも呼ばれています。

日本ではあまり知られていない治療法ですが、イギリスやオーストリア、イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国ではすでに確立した治療法として認知されています。

エイジングや動脈硬化疾患、運動器疾患やがん治療にも応用されており、専門の病院が存在するほどスタンダードな治療法となっています。

期待できる生理的効果について

血液クレンジングをおこなうことで、ダメージを受けた筋肉の修繕を促すことができます。

乳酸の蓄積を減少させる効果もあるので、筋肉の老化を防ぐとともに疲れを改善させることができます。

また細胞の呼吸を正常化し、活性酸素を減少させるので細胞の老化を防ぎ、細胞の若返りを促進します。

免疫機能を活性化させる効果もあるので、病気にかかりにくい体質に改善することもでき、体内の免疫機能の向上やデトックス機能の活性化も期待できます。

期待できる疾患に対する治療効果について

血液クレンジングによる治療効果が期待できる疾患は多く、頭痛や肩こりなどの更年期障害の治療から、血液循環の改善や細胞の修復効果に伴った慢性疲労や冷え性の治療などがそれにあたります。

他にも血液とオゾンの反応による治療として、肝臓やインフルエンザウィルスの除去効果も期待できます。

また局所の血流を改善する効果や、消炎や鎮痛効果も期待できるので、慢性のリュウマチや線維筋痛症などの症状改善にも役立ちます。

ガンや白血病に対しても免疫機能を活性化するため効果が期待できます。

血液クレンジングを行うことで血行が良くなり免疫力が高まる為、病気になりにくいといった効果があります。また血液中の老廃物を取り除くことで、若返り効果も期待できます。